お腹が痛くならずに便秘をスムーズに改善!「便秘改善のお茶」を飲むコツとは

便秘になると毎日スッキリしないだけではなく、体調を崩しやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなります。そのため誰もが便秘を解消したいと考えますが、薬は刺激が強かったり癖になりそうで怖くて使いたくないという方も多くいます。そんな方におすすめなのがお茶を使った改善方法です。お茶なら薬と違ってお腹に強い刺激を与えるわけではないので、痛くない方法として最近話題になっています。
なぜお茶がいいのかというと、お茶に含まれるカテキンには腸内の善玉菌を増やす効果があり、腸内環境を整えることができるため便秘を解消することができるのです。さらにその他にもお茶の種類によりますが、水溶性食物繊維やマグネシウムなど排便を促す栄養素も含まれています。さらに便秘お茶を飲むことで水分不足を解消し、便通を良くすることができます。このようなことから便秘解消効果があるのです。
しかし、ただ飲めばいいと言うわけではありません。スムーズに改善するためには飲み方にコツがあります。まず、飲む時は常温、もしくはホットで飲むことです。温かいまま飲むと、内臓を温めてくれるので腸の活動を活発にすることができます。逆に冷たいまま飲むと、内臓を冷やしてしまい腸の動きも鈍くしてしまいます。さらに飲むタイミングとしておすすめなのは夜寝る前です。この時に飲むと寝ている間に腸内環境を整え、翌朝にスッキリすることができます。
このように便秘改善のためのお茶には飲み方のコツがあります。便秘を効果的に解消したいなら、このようなことを踏まえて利用することをおすすめします。

Comments are closed.